ハンドクリーム

手美人を目指す

スキンケアをしなければいけない部分として手はとても重要です。
ひと目に触れることが多く、色々なものを触るために手が荒れやすくなってしまいます。
手の肌がキレイな方はそれだけでとてもよい印象をもたれやすいでしょう。

ハンドケアをするためにはハンドクリームを使うのが一番良いです。
特に手がすぐにカサカサになってしまう方や、手荒れの酷い方にはおすすめです。
ハンドクリームの役割としては、手の角質層にうるおいを与えて、さらに角質層を守るためのバリアとしての機能を果たします。

したがって、手がよく乾燥するという方はもちろんのこと、手荒れがひどくてすぐに肌が荒れてしまう方にもハンドクリームは最適なのです。
色々な成分が含まれており、それらが効果を発揮することによって、手の状態をキレイに保ちます。
ハンドクリームによく含まれている成分としては尿素やヒアルロン酸、ワセリンといったものがあります。

尿素とは角質層に水分を取り込む作用を持っており、人体に本来存在している成分です。
肌をなめらかな状態にして、常にみずみずしさを保つためには尿素が必要なのです。
ヒアルロン酸は保湿効果があることでよく知られており、色々な化粧品に含まれています。

ワセリンとは水分の蒸発を防ぐための働きをするものであり、アトピーを保護するためにも使われることがあります。
このようにたくさんの成分が含まれているため、ハンドクリームを選ぶ時にはどんな成分が入っているのかをチェックしましょう。
そして、自分の手に合ったものを使用するべきです。

ハンドクリームを正しく使う

ハンドクリームは正しく使うことによってその効果を発揮することができます。
まずは説明書をしっかりと読んで、どのように使えばいいのかを確認してください。
ハンドクリームの適量としては、人差し指の第一関節までの長さぐらいがちょうどよいとされています。

あまりにも使いすぎてしまうと肌への負担が大きくなり逆効果となります。
また、自分の体に合う適量を調べることも大切です。
毎日、使っていくうちにどのぐらいが適量であるのかがわかるものです。

ハンドクリームを使う前にきちんと手を洗いましょう。
その後はローションや化粧水を使って保湿をしてください。
ハンドクリームを塗る前には必ず手を温めるようにしましょう。

温まっている方が手への浸透力が増します。
まずは手の甲にハンドクリームをつけて温めましょう。
そして、少しずつ広げていってください。

ハンドクリームを使う時には少しずつマッサージをしていくことをおすすめします。
これにより血流が良くなって、よりハンドクリームが効果を発揮できるようになります。
手に傷がある場合にはハンドクリームを使う際には注意しましょう。