敏感肌ってどんな肌?

敏感肌とはどんな状態か

肌の異常が現れたときは、症状の現れ方などから、肌の状態を把握する必要があります。
洗剤や化粧品などを使った際、肌が荒れたり赤みが出たりしたりと、普段よりも激しい反応が出たときは、いわゆる敏感肌と呼ばれる状態になっていると考えられます。
敏感肌になると、少しの刺激で強いかゆみや痛みを感じるようになり、布がすれたり、髪の毛が付いたりするだけでも、かゆみなどの症状に苦しめられるようになります。
敏感肌になって、かゆみや痛みを感じやすくなるのは、肌のバリア機能が深く関係しています。

肌のバリア機能とは、外部からの刺激を防ぎ、皮膚からの異物混入を防ぐ皮膚の機能の一つなのですが、これが何らかの原因で弱まると、敏感肌に発展します。
化粧品や洗剤といった、本来ならバリア機能で防ぐことが出来る弱い刺激でも、激しい刺激を感じるようになるので、日常生活を変わらず過ごせるようになるためにも、早めに治療しましょう。

敏感肌の原因とは

敏感肌の原因は、肌のバリア機能が弱まったことにあります。
バリア機能は様々な要因で衰えるので、敏感肌の治療の際は、バリア機能を弱める原因を特定して取り除く必要があります。
まずバリア機能を弱める原因の一つに、アレルギー体質があります。花粉症や食物アレルギーなど、アレルギー反応を出す要員は人それぞれで異なるので、急に敏感肌になるなどの、アレルギー反応が出たときは、皮膚科などで検診を受けたほうがよいかもしれません。

加齢による肌機能の低下も敏感肌に大きく関係しています。
皮膚のバリア機能は若いうちは強く働くのですが、加齢によって身体全体の機能が衰えると、バリア機能も自然と衰えてしまいます。
バリア機能の低下を抑えるためには、ビタミンAをはじめ、肌のターンオーバーに関係する栄養を多く摂取したり、適度な運動を行うのが効果的とされています。

敏感肌のスキンケア

敏感肌の治療や予防には、毎日のスキンケアが重要な意味を持ちます。
敏感肌になったときのスキンケアは、低刺激のスキンケア商品を使う必要があり、肌への刺激を最小限に抑えつつ、肌に必要な栄養を補給して、肌のバリア機能を回復させることが出来ます。
また敏感肌の原因の一つに、肌との相性が合わない、強い刺激を与える化粧品があるので、普段使わない化粧品を使って、敏感肌の症状が現れた際は、同じ化粧品は使わないようにして、別の低刺激の化粧品を使うようにしましょう。

敏感肌中のスキンケアは、ある程度の機能回復が期待できますが、激しいかゆみが続いたり、皮膚がぼろぼろになるような強い反応が出たときは、セルフケアだけでは対処できません。
専門の医療機関で一度詳しい検査を受けて、医薬品を用いた治療を行ってください。

スキンケアの豆知識カテゴリーの記事