乾燥肌ってどんな肌?

乾燥肌かどうかをチェック

スキンケアを行う際は、まず肌質を確かめなければなりません。
例えば肌に潤いが無く、皮膚全体がかさかさという方は、乾燥肌になっていると思われます。
乾燥肌が進行すると肌が脆くなり、肌の一部が剥がれ落ちたり、ひび割れたりといった症状が現れます。
そのままにしていると見た目が悪いだけでなく、外部からの刺激に対して肌が耐えられなくなり、強いかゆみや痛みなどを引き起こすこともあります。

アトピーなどの病気が原因で起きることもありますが、症状が軽いものだと、肌質の変化や周辺環境の変化などで起きることもあり、その場合は乾燥肌を改善するためのスキンケアで対処できます。
乾燥肌かどうかは、洗顔後に顔が突っ張ったり、唇が強く感想していたり、肌から粉を吹いたりと、様々な肌の変化で確認できます。
そうした症状が目立ってきたときは、乾燥肌のためのスキンケアを行いましょう。

乾燥肌の原因とは

乾燥肌になる原因は複数あり、人それぞれでまったく異なる原因で乾燥肌に陥っています。
例えば直射日光の浴びすぎなど、肌に強い刺激を与えた場合、肌の水分量を守るための角質の働きが低下し、肌全体の水分量も低下します。
角質の水分量の低下は、過度なストレスなどでも起きるので、普段の暮らしでストレスを感じている方は注意が必要です。
更に加齢による肌質の変化も、乾燥肌の大きな原因の一つといわれており、加齢によって皮脂の分泌量が低下すると、それに伴って皮膚の水分が蒸発しやすくなり、どんどん乾燥肌が進行していきます。

また乾燥肌は病気によって進行することもあります。
腎不全やビタミンA欠乏症、粘液水腫など、肌のかさつきが症状として表れる病気は多いので、急に激しい乾燥肌が現れた際は、病院で検査を受けたほうがよいかもしれません。

乾燥肌改善の知識

乾燥肌を改善させるには、肌の潤いを極力保つ必要があります。
肌の潤いは皮膚の保湿機能によって保たれており、間違ったスキンケアや食生活の変化などで低下します。
常に肌の潤いを保つためには、正しいスキンケアや健康的な生活スタイルを心がけるようにしてください。

乾燥肌を防ぐスキンケアは、皮脂のとりすぎと保湿ケアを重視することが大切です。
洗顔する際は、強く肌をこするなど、皮脂のとりすぎの原因となる洗い方を避け、洗った後の保湿クリームなどのアフターケアを怠らないようにしましょう。
肌の潤いは、過度なダイエットや偏食、ファストフードの食べすぎなどでも起こります。
栄養バランスの取れた食事を意識して、ダイエットは食事量を減らしたりせずに、きちんと運動を行うようにしてください。

乾燥肌を防止することで、肌の老化は遅くなり、より若々しい肌を長く保つことが出来るようになります。
乾燥肌に悩まされているという方は、肌のためになる生活スタイルを意識してください。

スキンケアの豆知識カテゴリーの記事