寝る前に食べると肌に悪い

美肌を妨げる夜食

肌の美しさを保つには、きちんとした栄養バランスの食事で、肌を保つための栄養をしっかり補給する必要があります。
大抵の方は一日三色の食事を摂るかと思いますが、これに加えて練る前に夜食を食べているという方は、どんなに栄養バランスに気を使っても、肌に悪影響を与える可能性があります。

夜食を食べること自体、肥満などの原因になるなど、美容に悪影響を与えるといわれていますが、美肌に関していえば、食べ物を消化するタイミングの都合で、夜食は避けるべきといわれています。
眠りに付く直前に胃の中に食べ物が入ると、消化するためにわざわざ胃腸を活動させなければならず、その間は成長ホルモンが分泌されなくなります。
成長ホルモンには肌のターンオーバーを促す働きがあるので、夜食を寝る前に食べると、確実に肌への悪影響が生まれるので、夜食を食べるのはなるべく控えましょう。

寝る前の食事が与える影響

寝る前に食事をすることは、肌に様々な悪影響を与えます。
例えば夕食を食べた後にすぐに眠ってしまうと、体を動かすことが無くなってしまうため、消化されたときに生まれるエネルギーが、そのまま身体に溜まってしまいます。
さらに食物を消化するための働きも、眠りに付くことで鈍ってしまうので、本来なら吸収できたはずの栄養を消化しきれずに、そのまま排出してしまいます。
これらのエネルギーの余りと消化機能の低下は、肥満や肌の栄養不足を引き起こし、最終的には身体全体の美しさを大きく損なうことになります。

食べ物の消化にかかる時間を考えると、食事をとってから3,4時間は、活動するようにしたほうがよいといわれています。
食事のメニューによっては、消化しにくいものを食べることもあるので、その場合は少し早めに夕食を食べ手時間を調節してください。
身体全体を綺麗な状態を保つためにも、寝る前に食べ物を食べないように、生活スタイルを改めるようにしましょう。

寝る前に食事を食べないといけないときは

食事から睡眠までの時間は、3,4時間は空けるべきといわれていますが、中には時間の都合が付かず、寝る直前に食事を食べることもあるかもしれません。
そんなときは、少しでも消化を早く進められるように、食事のメニューや食べ方に気を配りましょう。
まず食事のメニューは、生の野菜や果物、魚、発酵食品といった、酵素を多く含んだものを食べましょう。
酵素を多く含んだ食材は、胃腸に運ばれたときに消化を助けてくれます。

食事を食べる際に気をつけるポイントは、咬む回数を意識して増やすことです。
咬む回数が増えると、それだけ贖罪が細かくつぶされて胃腸に送られるので、より効率良く消化することができるようになり、寝る間の消化スピードを向上させ、胃腸の負担を軽減することが出来ます。

スキンケアの豆知識カテゴリーの記事