紫外線はお肌の敵なんです!

紫外線に要注意

スキンケアは肌に与えるダメージを抑えつつ、様々な成分を与えることで、より綺麗な肌を長く保つために必要です。
肌の劣化を進める原因は色々ありますが、特に厄介といわれているのが紫外線で、肌を大きく劣化させる敵として、多くの方が対策に四苦八苦しています。
紫外線が敵視されている理由は非常に多く、すぐにダメージを与えるだけでなく、年齢を重ねた後にダメージが表面化する点や、強い紫外線によって皮膚がんに発展することがあったりと、非常に多くのトラブルに発展します。

最近は排気ガスなどの影響で、紫外線を防ぐオゾン層の働きが弱まり、昔以上に強い紫外線を浴びながら生活しなければならなくなっています。
そのため油断していると想像以上に強い紫外線を浴び、肌に大きなダメージを与えることになるので、スキンケアはより慎重に行わなければなりません。
少しでも綺麗な肌を保つためにも、紫外線から肌を守るスキンケアは徹底して行うようにしましょう。

紫外線の影響はいつ出るか

紫外線による肌の影響は、すぐに現れるものとそうでないものがあります。
例えば肌が黒くなったり、赤くなったりといった日焼けによる肌の変化は、強い紫外線を浴びることですぐに現れますが、一見健康的に見える日焼けも、肌にとっては非常に大きなダメージを受けた証拠です。
日焼けした後は徐々にもとの肌色に戻りますが、角質層に蓄積されたダメージは後から表面化していきます。

強い紫外線のダメージは、受けた時期から20年~30年後に現れるといわれているので、10代にスキンケアをしなかった方は、30代にはいるころには、しみやシワが現れやすくなります。
後から現れる紫外線のダメージは、きちんとしたケアをしないと回復しません。
元々のダメージが大きいのに加え、肌の回復機能が加齢によって衰えてきているので、ビタミン類などの栄養を多く含んだスキンケア商品を使うなど、肌の回復機能をサポートする必要があります。

肌を保護する方法とは

紫外線による刺激から肌を保護する方法は、早いうちからこまめに紫外線から身を守ることが大切です。
日焼け止めなどを使うのは当然ですが、紫外線は夏場だけでなく冬にも降り注いでいるので、長時間外出する際は、日焼け止めを行うようにしましょう。
また日焼け止めだけだと、汗などで流れ落ちることもあるので、防止や日傘など、紫外線を防ぐほかのグッズも使うようにすると、確実に紫外線を防ぐことができます。

紫外線のダメージをスキンケアで防ぐためには、肌の回復機能をなるべく保つようにすることが大切です。
肌に栄養を与えるために、様々な栄養を含んだスキンケア商品を使うのも有効ですが、それと同時に適度な運動や栄養バランスの取れた食事を意識することで、代謝機能が活性化して、肌の回復機能も高まります。
健康的な生活を意識することで、肌の健康状態も保ちやすくなるので、肌を保護したいときは不摂生菜生活を避けるようにしてください。

スキンケアの豆知識カテゴリーの記事