脂性肌ってどんな肌?

スキンケアと脂性肌

肌を綺麗な状態に保ち、劣化を食い止めるためには、毎日のスキンケアを徹底することが大切です。
自分の肌質に合わないスキンケアを行うと、逆に肌質を悪化させることになるので、まずは自分の肌質がどんなものか調べましょう。
毎日鼻やおでこといったTゾーンが脂でてかっていたり、肌の脂でお化粧がすぐに落ちてしま方は、脂性肌と呼ばれる状態に陥っています。
この状態に陥った肌は、毛穴に皮脂汚れが溜まりやすくなり、雑菌の繁殖でにきびが出来やすくなります。

脂性は特に若い世代に多いといわれていますが、30代後半から40代にかけても脂性肌になりやすくなります。
それより以前に使っていたスキンケア商品だと、脂性肌の改善には向かないこともありえるので、脂性になってきたと思ったら、今までのスキンケアを改めて、脂性肌専用のスキンケアを行うようにしてください。

脂性肌の原因について

肌全体に余計な脂が浮くようになった状態の肌は、脂性肌と呼ばれています。
脂性肌の原因は多々ありますが、特に多く報告されているのが、運動不足や食生活の乱れ、ホルモンバランスの変化や不適切なスキンケアが挙げられます。

まず運動不足や食生活の乱れは、仕事などが原因で生活習慣が変化したときに起こりやすく、運動をほとんどしていないのに、脂っこいものを食べ過ぎたりすると、大量の皮脂が体内で生産されて、脂性肌を引き起こします。
次にホルモンバランスの変化は、加齢による女性ホルモンの分泌量の変化や、過度なストレスによるホルモンバランスの乱れなどで起こりやすく、ふとした瞬間に脂の分泌量が変化します。
不適切なスキンケアも原因として多く報告されており、本来やる必要の無い強い洗顔によって、皮膚の脂が全て失われてしまうと、皮膚を保護するために大量に脂が分泌されるようになり、結果的に脂性肌に発展します。

脂性肌を改善する方法

脂性肌を改善するためには、生活習慣の改善が何より大切です。
余計な脂が溜まりやすいときは、適度に運動を行って、体内の余計な脂肪を燃やして、毛穴に詰まった皮脂を汗で排出させます。
食生活も脂の多い肉類を控え、魚や野菜を中心に食べることで、皮脂の分泌量を抑えることができます。

スキンケアについては、余計な皮脂を洗い落とすために、きちんと洗顔を行いましょう。
その際必要な皮脂まで洗うことの無いように、ごしごしこするようなまねはせず、やさしく洗うことを徹底してください。
洗った後は乳液などを使って潤いを保ち、肌を保護するための大量の菱を分泌させないようにしましょう。

生活習慣の改善と正しいスキンケアで、脂性肌は確実に改善することが出来ます。
脂性肌を放置すると、毛穴の汚れがどんどん詰まって、にきびなどの原因にもなるので、そうなる前に正しいケアを行ってください。

スキンケアの豆知識カテゴリーの記事