睡眠不足は肌の不調をまねく!

睡眠時間と美肌の関係

美肌と睡眠時間は切っても切れない関係にあります。
睡眠時間が極端に少ない方は、肌荒れなどの症状が起こりやすくなり、しみやシワも出来やすくなっていきます。
若いうちはまだ肌の回復能力が高い分、多少の無茶をしてもすぐに肌の調子もよくなりますが、年齢を重ねるに連れて、肌の美しさはどんどん衰え、回復機能も低下していきます。
肌の回復機能が低下すると、睡眠時間が少ない生活スタイルに慣れたころにはどんどん肌質が劣化するので、肌の健康のためにも睡眠時間は十分にとるべきです。

理想的な睡眠時間は人によって多少前後しますが、大抵は8時間は眠れるのが理想といわれています。
そのとおりに眠るのが難しくても、近い時間になるのは望ましいことなので、出来る限り十分な睡眠時間を確保できるよう、生活スタイルを見直してみてください。

睡眠と成長ホルモン

睡眠と成長の関係は非常に深いといわれていますが、その大きな要因が、睡眠中に分泌される成長ホルモンです。
成長ホルモンは、人間の身体の成長を促すホルモンで、子供の身長が伸びるのも成長ホルモンの働きです。

大人には関係なさそうに見えますが、成長ホルモンは細胞の入れ替わりを行うためのホルモンなので、成長ホルモンが多く分泌されると、それだけで新しい肌が作られるようになり、常に綺麗な状態を保つことが出来るようになります。
成長ホルモンは眠りについてから数時間後の、深い眠りに入ってから出ないと大量に分泌されないので、睡眠時間が浅い方は、せっかくの身体の細胞が回復するチャンスを大きく失っています。
もし睡眠時間が不足気味ぎみで、肌の調子が悪いという方は、一度睡眠時間を増やしてみてください。毎日十分な時間眠ることが出来れば、自然と肌の調子も整えられていくはずです。

美肌につながる良い睡眠

睡眠を通して美肌を促すためには、睡眠時間も美肌に特化したものにすることが大切です。
睡眠時間を長く取ったほうがよいとはいうものの、極端に睡眠時間を長くしてしまうと、かえって身体に負担がかかってしまうので、空くまで適度な睡眠時間を守るようにしましょう。
具体的な睡眠時間は、個人差もあるのではっきりとはいえませんが、多くの方が8時間が最も程よい睡眠時間として挙げているので、それよりも極端に睡眠時間が短いという方や、逆に長いという方は、少しずつ睡眠時間を調整していって、一番自分の身体にマッチする睡眠時間がいつごろまでか改めて確認してみてください。

美肌のためには、時には肌以外の部位からアプローチをかける必要があります。
睡眠時間を十分とることは、美肌だけでなく、健康状態の改善や疲れの解消など、健康的な生活を送る上で絶対に必要なので、肌の調子が気になるという肩は、睡眠時間を十分に確保してください。

スキンケアの豆知識カテゴリーの記事