肌の「糖化」って一体なに?

肌の変化は糖化で起こる?

人間の肌は様々な理由で変化しますが、その一つに肌の糖化と呼ばれる変化があります。
肌の糖化は、劣化したたんぱく質が皮膚の表面に現れる症状で、パンを焼きすぎたときに焦げるのも、糖化による変質によって引き起こされています。
人間の肌の糖化は、体内で取り込まれなかった糖がたんぱく質と結びつくことで発生します。

肌の糖化が起きると、肌の色が徐々に変化していき、黄色くくすんだ色になっていきます。
この症状は俗に肌コゲと呼ばれており、肌の糖化が進行するにしたがって、肌コゲによる変化も大きくなっていきます。
肌コゲが起きると老けた印象を持たれやすくなるので、なるべく若い印象を持たせるためには、肌の糖化を防ぐためのケアが必要となります。
肌の糖化は様々な要因で引き起こされるので、単純なスキンケアだけでなく、根本的な生活習慣の改善もしやに入れてください。

糖化の原因は何か?

肌コゲなどを引き起こす肌の糖化は、そもそも何が原因で引き起こされるのでしょうか。
肌の糖化は食物に含まれる栄養素から作られる糖が蓄積されることで引き起こされます。

適正量の栄養を摂取しているのであれば、体内で作られる糖は吸収され、肌の糖化も起きないのですが、運動不足や食べすぎなど、必要以上の糖が体内に蓄積されてしまうと、肌の糖化もどんどん進みます。
肌の糖化は食事の内容で発生しやすくなります。
糖化を引き起こす糖化生成物は、ケーキなどの甘いものや炭水化物、清涼飲料水や動物性食品に多く含まれています。

これらの食材を食べ過ぎると、糖化が大きく進行するといわれているので、一日の食事メニューは慎重に考えましょう。
さらに食事の順番も少なからず影響するといわれており、パンやご飯といった主食を先に食べると、血糖値が一気に上昇して糖化を促進します。

糖化を防ぐにはどうするか

肌コゲを引き起こし、しみやシワが出来やすくなる肌の糖化を食い止めるためには、きちんとした対策を講じる必要があります。
まず食生活の改善が糖化防止には最も有効といわれており、甘いものや動物性食品の量を抑えて、糖化の元となる糖の過剰摂取を抑えると、確実に糖化を防ぐことができます。

さらに野菜やきのこ、海草類などの糖質の吸収を抑える食品を多めに食べると、糖化を防ぐとともに、肌に必要なビタミン類なども多く摂取することが出来ます。
それと同時に適度に運動を行うようにすると、自然と多くのエネルギーを使うようになるので、多少多く糖を摂取したとしても、その分エネルギーを消費して、適正量の糖を摂取したのと変わらない状態にすることが出来ます。

またスキンケアを日常的に行うことも、肌コゲなどの症状を防ぐ要因になります。
最近は抗糖化用のスキンケア商品も販売されるようになっているので、そちらも使って肌コゲをはじめとする、糖化による肌の劣化を食い止めましょう。

スキンケアの豆知識カテゴリーの記事