睡眠不足は肌の不調をまねく!

睡眠時間と美肌の関係

美肌と睡眠時間は切っても切れない関係にあります。
睡眠時間が極端に少ない方は、肌荒れなどの症状が起こりやすくなり、しみやシワも出来やすくなっていきます。
若いうちはまだ肌の回復能力が高い分、多少の無茶をしてもすぐに肌の調子もよくなりますが、年齢を重ねるに連れて、肌の美しさはどんどん衰え、回復機能も低下していきます。
肌の回復機能が低下すると、睡眠時間が少ない生活スタイルに慣れたころにはどんどん肌質が劣化するので、肌の健康のためにも睡眠時間は十分にとるべきです。

理想的な睡眠時間は人によって多少前後しますが、大抵は8時間は眠れるのが理想といわれています。
そのとおりに眠るのが難しくても、近い時間になるのは望ましいことなので、出来る限り十分な睡眠時間を確保できるよう、生活スタイルを見直してみてください。

睡眠と成長ホルモン

睡眠と成長の関係は非常に深いといわれていますが、その大きな要因が、睡眠中に分泌される成長ホルモンです。
成長ホルモンは、人間の身体の成長を促すホルモンで、子供の身長が伸びるのも成長ホルモンの働きです。

大人には関係なさそうに見えますが、成長ホルモンは細胞の入れ替わりを行うためのホルモンなので、成長ホルモンが多く分泌されると、それだけで新しい肌が作られるようになり、常に綺麗な状態を保つことが出来るようになります。
成長ホルモンは眠りについてから数時間後の、深い眠りに入ってから出ないと大量に分泌されないので、睡眠時間が浅い方は、せっかくの身体の細胞が回復するチャンスを大きく失っています。
もし睡眠時間が不足気味ぎみで、肌の調子が悪いという方は、一度睡眠時間を増やしてみてください。毎日十分な時間眠ることが出来れば、自然と肌の調子も整えられていくはずです。

美肌につながる良い睡眠

睡眠を通して美肌を促すためには、睡眠時間も美肌に特化したものにすることが大切です。
睡眠時間を長く取ったほうがよいとはいうものの、極端に睡眠時間を長くしてしまうと、かえって身体に負担がかかってしまうので、空くまで適度な睡眠時間を守るようにしましょう。
具体的な睡眠時間は、個人差もあるのではっきりとはいえませんが、多くの方が8時間が最も程よい睡眠時間として挙げているので、それよりも極端に睡眠時間が短いという方や、逆に長いという方は、少しずつ睡眠時間を調整していって、一番自分の身体にマッチする睡眠時間がいつごろまでか改めて確認してみてください。

睡眠環境を整えることも大切です。
寝室がリラックスできる空間になるよう、アロマを炊いたり、照明の色を変えたりしてみましょう。
寝具にもこだわって、洗い立てのシーツや、質のよい羽毛ふとんを選ぶことをおすすめします。
特に羽毛の洗浄をしっかり行っている羽毛ふとんは、臭いもせず、羽毛が大きく広がるので軽くてフワフワで温かく、非常に気持ちよく安眠できます。
国産羽毛ふとんJOORYU
こちらは、個人的におすすめのふとんブランドです。
羽毛の洗浄方法や布団の縫い方に細かくこだわった国産ブランドで信頼できます。

美肌のためには、時には肌以外の部位からアプローチをかける必要があります。
睡眠時間を十分とることは、美肌だけでなく、健康状態の改善や疲れの解消など、健康的な生活を送る上で絶対に必要なので、肌の調子が気になるという肩は、睡眠時間を十分に確保してください。

「冷え」と「肌トラブル」

冷えが美肌を妨げる?

肌を綺麗な状態に保つためには、様々なスキンケアや栄養バランスの取れた食事、適度な運動など、様々な方法を駆使しなければなりませんが、時には思わぬ形で美肌が妨げられることがあります。
特に女性に多いのが冷え性による肌への影響で、ひどく乾燥するようになったり、敏感肌が現れたりと、肌の機能が低下して、美しさが損なわれてしまいます。

冷えが美肌を妨げるのには、いくつかの理由があり、それらを解決することによって、より確実に綺麗な肌を作ることが出来るようになります。
日常的に冷えが続くのは、少なからず身体に不調が訪れている恐れがあるので、悪化する前に改善しておくと、肌の調子はもちろん、体調不良も自然と治っていきます。

肌の健康状態が悪く、中々改善されないという方や、日常的に冷え性になるという方は、ぜひ美肌のためにも冷え性を防ぐ方法を考えてみてください。

冷え症の原因とは

そもそも冷え性の原因は何かというと、血液の循環が悪くなっていることにあります。
血液の循環がうまく機能しなくなると、手足の末端にまで血液が行き渡らなくなり、極端に冷たくなってしまいます。
血液の循環に異常が出る理由は複数あり、自律神経の異常や冷房の効きすぎ、冷たい食べ物や飲み物のとりすぎなどが挙げられます。
冷たいものの食べ過ぎや飲みすぎなど、身体を冷やす行為が原因なら、暖かいものを食べたり、服を着こんで体温調節したりと、いくらでも方法がありますが、自律神経の異常については、少し事情が異なります。

自律神経の異常は、過度なストレスによって現れることもあれば、不規則な生活習慣によって現れることもあり、女性の場合は加齢によるホルモンバランスの変化も影響します。
そのため、慢性的な冷え性が続くという方は、自分の生活を思い返してみて、冷え性の原因になりそうな要因が無いか探してみてください。

冷え性を解消して美肌を保つ

美肌を常に保つためには、スキンケアだけでなく、生活習慣の改善により、肌の健康を妨げる要因を取り除くことが大切です。
冷え性の原因によって対策は変化しますが、自律神経の乱れが原意なら、原因となるストレスのものを、可能であれば取り除き、それが難しい場合は、思い切り体を動かしたり、趣味の時間に没頭したりと、ストレス解消の手段を探します。

更年期障害が出る時期は、ホルモンバランスの乱れで自律神経失調症になることも多いので、そうした年齢に近づいたときは、医療機関に相談して、ホルモンバランスをなるべく調整しましょう。
冷え性が解消されると、自然と身体全体の血行がよくなり、皮膚の隅々にまで栄耀が行き渡るようになり、自然と肌色も綺麗になってきます。

寝る前に食べると肌に悪い

美肌を妨げる夜食

肌の美しさを保つには、きちんとした栄養バランスの食事で、肌を保つための栄養をしっかり補給する必要があります。
大抵の方は一日三色の食事を摂るかと思いますが、これに加えて練る前に夜食を食べているという方は、どんなに栄養バランスに気を使っても、肌に悪影響を与える可能性があります。

夜食を食べること自体、肥満などの原因になるなど、美容に悪影響を与えるといわれていますが、美肌に関していえば、食べ物を消化するタイミングの都合で、夜食は避けるべきといわれています。
眠りに付く直前に胃の中に食べ物が入ると、消化するためにわざわざ胃腸を活動させなければならず、その間は成長ホルモンが分泌されなくなります。
成長ホルモンには肌のターンオーバーを促す働きがあるので、夜食を寝る前に食べると、確実に肌への悪影響が生まれるので、夜食を食べるのはなるべく控えましょう。

寝る前の食事が与える影響

寝る前に食事をすることは、肌に様々な悪影響を与えます。
例えば夕食を食べた後にすぐに眠ってしまうと、体を動かすことが無くなってしまうため、消化されたときに生まれるエネルギーが、そのまま身体に溜まってしまいます。
さらに食物を消化するための働きも、眠りに付くことで鈍ってしまうので、本来なら吸収できたはずの栄養を消化しきれずに、そのまま排出してしまいます。
これらのエネルギーの余りと消化機能の低下は、肥満や肌の栄養不足を引き起こし、最終的には身体全体の美しさを大きく損なうことになります。

食べ物の消化にかかる時間を考えると、食事をとってから3,4時間は、活動するようにしたほうがよいといわれています。
食事のメニューによっては、消化しにくいものを食べることもあるので、その場合は少し早めに夕食を食べ手時間を調節してください。
身体全体を綺麗な状態を保つためにも、寝る前に食べ物を食べないように、生活スタイルを改めるようにしましょう。

寝る前に食事を食べないといけないときは

食事から睡眠までの時間は、3,4時間は空けるべきといわれていますが、中には時間の都合が付かず、寝る直前に食事を食べることもあるかもしれません。
そんなときは、少しでも消化を早く進められるように、食事のメニューや食べ方に気を配りましょう。
まず食事のメニューは、生の野菜や果物、魚、発酵食品といった、酵素を多く含んだものを食べましょう。
酵素を多く含んだ食材は、胃腸に運ばれたときに消化を助けてくれます。

食事を食べる際に気をつけるポイントは、咬む回数を意識して増やすことです。
咬む回数が増えると、それだけ贖罪が細かくつぶされて胃腸に送られるので、より効率良く消化することができるようになり、寝る間の消化スピードを向上させ、胃腸の負担を軽減することが出来ます。

運動することは肌にとっても良いこと

美肌のために運動を

肌の美しさを高め、より長く維持するためには、スキンケアだけではなく、生活習慣にも気を配る必要があります。
特に効果があるといわれているのが運動で、毎日定期的な運動を繰り返すことで、より美しい肌を作ることが出来ます。
社会に出て働くようになると、運動する時間がほとんど無くなり、自主的に運動する機会が無くなるという方も多いので、非常に多くの方が運動不足になるといいます。
それに加えて食生活の乱れやすくなり、想像以上に体内に余分な糖や脂質が溜まるようになり、肥満を引き起こします。

毎日少しの運動を繰り返すだけで、体内の余分な栄養が消費され、肌に与える悪影響を抑えることができます。
さらに定期的な運動によって、代謝機能を高めることも出来るようになるなど、他にも肌に良い影響を与えることが出来るので、美肌のためにも毎日運動を続けてください。

運動不足による肌の変化

肌の美しさを損なう原因は色々ありますが、最近は運動不足による肌の劣化が多くの方に現れているといいます。
電車や車など、自分で動かずに目的地に移動する手段が増えて、その分運動量が大きく減ったことで、多くの方が運動不足に陥っています。

運動不足が続くと、体内に余計な糖が蓄積されて、肌の糖化を引き起こして、肌コゲに発展したり、しみやシワが出来やすい肌に変質していきます。
さらに運動不足が続くと、代謝機能が徐々に低下していき、肌の細胞が新しい細胞に入れ替わる、ターンオーバーの機能が低下していきます。
肌の糖化やターンオーバーの低下など、運動不足によって肌の劣化は急速に進み、治そうとしても治せない状況に陥る可能性も出てきます。

また脂質をはじめとする老廃物もどんどん蓄積されるようになり、肥満や生活習慣病を引き起こすこともあるので、美肌はもちろんですが、健康のためにも運動不足は解消させなければなりません。

肌に良い運動法とは

美肌のために運動を行う際はどんな運動法を選択すればよいのでしょうか。
定期的に続けることを考えると、通勤する際は徒歩や自転車など、自分の身体を使って移動すると、自然と運動量が増えて、毎日続けることが出来ます。

外で運動する場合は、紫外線防止のために日焼け止めなどのスキンケアも忘れずに行いましょう。
肌への負担を減らすのであれば、外で運動するよりも、室内で運動したほうが、肌への負担は少なくなるでしょう。
ちょっとした筋力トレーニングなら、自宅の狭いスペースでも気にせず行うことが出来ますし、運動量もそれほど多くは無いので、継続して続けやすいです。

美肌のための運動は、とにかく長く続けることが大切です。
いきなりハードなトレーニングをしても続けるのは難しいので、基本は軽いトレーニングを毎日続けるようにして、徐々に運動を続ける生活に身体を慣れさせるようにしましょう。

美肌を保つには栄養を摂ることも大事

スキンケアと並行して栄養もたっぷり摂る

美肌を保つためには、日々のスキンケアだけでなく、栄養補給も非常に重要です。
肌の健康維持のためにはたくさんの栄養が必要となるので、一日の食事を通して得られる栄養の違いで、肌の健康状態も大きく変わります。

ダイエットのための食事制限を行うと、肌荒れなどの症状が出ることがありますが、こうした肌の変化はまさに肌に必要な栄養が不足していることが原因となっています。
肌の栄養不足は、肌の潤いを作る線維芽細胞の働きを弱め、肌の劣化につながります。
この細胞は加齢によっても機能が低下していくので、年齢を重ねた後に栄養不足に陥ると、さらに肌の美しさは損なわれていきます。細胞が減ると栄養不足による肌の劣化がますます進行するので、少しでも若々しい肌を保つためにも、毎日の栄養補給は徹底して行うようにしましょう。

どんな栄養が必要か

綺麗な肌を保つためには、様々な栄養が必要となります。
例えばイソフラボンやセラミドなど、スキンケア用品にも多く含まれている成分を多く含んだ食材は、肌に良い食品として高い人気を集めています。

イソフラボンは大豆を使った食品に、セラミドはお米やこんにゃく、牛乳などに多く含まれています。
そのほかにも魚や海草類、きのこに野菜など、たんぱく質やビタミンなど、様々な栄養をバランスよく摂取することで、ターンオーバーを促したり、肌の劣化を食い止めたりと、様々な効果を得ることが出来ます。

栄養バランスが偏った食事を取り続けると、肌荒れなどの症状が出やすくなるように、栄養バランスの取れた食生活を心がけることで、綺麗な肌をより保ちやすくなります。
仕事が忙しくて食事をとる時間がないという方も、出来る限り色々な食材を食べて、肌の健康維持に必要な栄養をしっかり摂取しましょう。

栄養不足に要注意

肌の健康維持のために、必ず控えてはいけないのが栄養補給です。
栄養不足に陥ることで、肌の健康維持に必要な分の栄養素も不足してしまうので、肌の調子が悪いときは、栄養不足に陥っていないかどうかも考えておくようにしましょう。

栄養不足になると、肌を新たに作るための機能が衰えたり、怪我などの回復が遅くなったり、肌コゲをはじめとする、見た目が悪くなる変化が早く現れるようになったりと、実に多くの変化が現れます。
どの変化も美容にとっては避けるべき変化なので、美肌のためには、必要となる栄養をしっかり摂取しましょう。

栄養補給による美肌効果は、想像以上に大きなものです。
そのため栄養不足だと感じたときは、きちんと不足している栄養素を摂取する必要があり、そのための生活スタイルの改善を始めなければなりません。
もし食事だけで栄養補給が出来ないのであれば、サプリメントなどの健康食品を使うなど、効率アップも視野に入れて、積極的に美肌のためになる栄養を摂取しましょう。

肌の「糖化」って一体なに?

肌の変化は糖化で起こる?

人間の肌は様々な理由で変化しますが、その一つに肌の糖化と呼ばれる変化があります。
肌の糖化は、劣化したたんぱく質が皮膚の表面に現れる症状で、パンを焼きすぎたときに焦げるのも、糖化による変質によって引き起こされています。
人間の肌の糖化は、体内で取り込まれなかった糖がたんぱく質と結びつくことで発生します。

肌の糖化が起きると、肌の色が徐々に変化していき、黄色くくすんだ色になっていきます。
この症状は俗に肌コゲと呼ばれており、肌の糖化が進行するにしたがって、肌コゲによる変化も大きくなっていきます。
肌コゲが起きると老けた印象を持たれやすくなるので、なるべく若い印象を持たせるためには、肌の糖化を防ぐためのケアが必要となります。
肌の糖化は様々な要因で引き起こされるので、単純なスキンケアだけでなく、根本的な生活習慣の改善もしやに入れてください。

糖化の原因は何か?

肌コゲなどを引き起こす肌の糖化は、そもそも何が原因で引き起こされるのでしょうか。
肌の糖化は食物に含まれる栄養素から作られる糖が蓄積されることで引き起こされます。

適正量の栄養を摂取しているのであれば、体内で作られる糖は吸収され、肌の糖化も起きないのですが、運動不足や食べすぎなど、必要以上の糖が体内に蓄積されてしまうと、肌の糖化もどんどん進みます。
肌の糖化は食事の内容で発生しやすくなります。
糖化を引き起こす糖化生成物は、ケーキなどの甘いものや炭水化物、清涼飲料水や動物性食品に多く含まれています。

これらの食材を食べ過ぎると、糖化が大きく進行するといわれているので、一日の食事メニューは慎重に考えましょう。
さらに食事の順番も少なからず影響するといわれており、パンやご飯といった主食を先に食べると、血糖値が一気に上昇して糖化を促進します。

糖化を防ぐにはどうするか

肌コゲを引き起こし、しみやシワが出来やすくなる肌の糖化を食い止めるためには、きちんとした対策を講じる必要があります。
まず食生活の改善が糖化防止には最も有効といわれており、甘いものや動物性食品の量を抑えて、糖化の元となる糖の過剰摂取を抑えると、確実に糖化を防ぐことができます。

さらに野菜やきのこ、海草類などの糖質の吸収を抑える食品を多めに食べると、糖化を防ぐとともに、肌に必要なビタミン類なども多く摂取することが出来ます。
それと同時に適度に運動を行うようにすると、自然と多くのエネルギーを使うようになるので、多少多く糖を摂取したとしても、その分エネルギーを消費して、適正量の糖を摂取したのと変わらない状態にすることが出来ます。

またスキンケアを日常的に行うことも、肌コゲなどの症状を防ぐ要因になります。
最近は抗糖化用のスキンケア商品も販売されるようになっているので、そちらも使って肌コゲをはじめとする、糖化による肌の劣化を食い止めましょう。

紫外線はお肌の敵なんです!

紫外線に要注意

スキンケアは肌に与えるダメージを抑えつつ、様々な成分を与えることで、より綺麗な肌を長く保つために必要です。
肌の劣化を進める原因は色々ありますが、特に厄介といわれているのが紫外線で、肌を大きく劣化させる敵として、多くの方が対策に四苦八苦しています。
紫外線が敵視されている理由は非常に多く、すぐにダメージを与えるだけでなく、年齢を重ねた後にダメージが表面化する点や、強い紫外線によって皮膚がんに発展することがあったりと、非常に多くのトラブルに発展します。

最近は排気ガスなどの影響で、紫外線を防ぐオゾン層の働きが弱まり、昔以上に強い紫外線を浴びながら生活しなければならなくなっています。
そのため油断していると想像以上に強い紫外線を浴び、肌に大きなダメージを与えることになるので、スキンケアはより慎重に行わなければなりません。
少しでも綺麗な肌を保つためにも、紫外線から肌を守るスキンケアは徹底して行うようにしましょう。

紫外線の影響はいつ出るか

紫外線による肌の影響は、すぐに現れるものとそうでないものがあります。
例えば肌が黒くなったり、赤くなったりといった日焼けによる肌の変化は、強い紫外線を浴びることですぐに現れますが、一見健康的に見える日焼けも、肌にとっては非常に大きなダメージを受けた証拠です。
日焼けした後は徐々にもとの肌色に戻りますが、角質層に蓄積されたダメージは後から表面化していきます。

強い紫外線のダメージは、受けた時期から20年~30年後に現れるといわれているので、10代にスキンケアをしなかった方は、30代にはいるころには、しみやシワが現れやすくなります。
後から現れる紫外線のダメージは、きちんとしたケアをしないと回復しません。
元々のダメージが大きいのに加え、肌の回復機能が加齢によって衰えてきているので、ビタミン類などの栄養を多く含んだスキンケア商品を使うなど、肌の回復機能をサポートする必要があります。

肌を保護する方法とは

紫外線による刺激から肌を保護する方法は、早いうちからこまめに紫外線から身を守ることが大切です。
日焼け止めなどを使うのは当然ですが、紫外線は夏場だけでなく冬にも降り注いでいるので、長時間外出する際は、日焼け止めを行うようにしましょう。
また日焼け止めだけだと、汗などで流れ落ちることもあるので、防止や日傘など、紫外線を防ぐほかのグッズも使うようにすると、確実に紫外線を防ぐことができます。

紫外線のダメージをスキンケアで防ぐためには、肌の回復機能をなるべく保つようにすることが大切です。
肌に栄養を与えるために、様々な栄養を含んだスキンケア商品を使うのも有効ですが、それと同時に適度な運動や栄養バランスの取れた食事を意識することで、代謝機能が活性化して、肌の回復機能も高まります。
健康的な生活を意識することで、肌の健康状態も保ちやすくなるので、肌を保護したいときは不摂生菜生活を避けるようにしてください。

年代別!スキンケアのポイント

スキンケアと年齢の関係

肌の状態は年齢とともに変化していきます。

若いうちはターンオーバーも早く進むため、肌へのダメージもすぐに回復することが出来ますが、年齢を重ねるごとに肌の機能は衰えていき、肌のダメージも中々回復できなくなっていきます。さらに肌の潤いも年齢によってどんどん失われていき、乾燥肌や敏感肌にもなりやすくなるので、スキンケアもそのことを考慮して、潤いの保持とダメージ軽減を考慮する必要があります。

逆に若いうちに出る肌の悩みも多く、にきびが出来やすかったり、皮脂がより多く分泌されたりと、そのままにしておくと肌の美しさを保て無くなってしまいます。そのため若いころは若いころにあわせたスキンケアが必要になるので、まだスキンケアの必要はないとお考えの方も、必ず今のうちにしておくべきスキンケアについて学びましょう。

若いうちもスキンケアは必要?

10代や20代までの若い年代なら、スキンケアもそれほど必要ないだろうとお考えの方もいる方もいるかと思いますが、実際には若いうちもスキンケアは欠かすべきではありません。若いうちは肌の代謝機能が活発で、本来必要無い分の皮脂を分泌することがあり、毛穴の雑菌が増えてにきびなどを作ります。にきび予防のためには、余計な皮脂を取り除くために洗顔を行ったり、洗顔後の皮脂の分泌を抑えるために、化粧水などで皮膚の保護を行うといったスキンケアが必要です。

また、若いうちのスキンケアは、年齢を重ねた後の肌の老化にも大きく影響します。とりわけ、肌へのダメージはすぐに現れるものと、徐々に蓄積していくものの2種類ががあり、例えば、紫外線のダメージなどは、しばらく蓄積されてから、しみやシワとなって現れていきます。そのため、若いうちに直射日光を長時間浴びていた方は、40代や50代ごろの年代にしみやしわが目立つようになるのです。今は若いからと油断をすることなく、日常的に肌へのダメージを防ぐようにしてください。

紫外線がもたらす肌への影響 / SK-IIスキンケア

肌年齢を保つためのスキンケア

人間の肌は年齢を重ねるごとに少しずつ劣化していくので、年齢を重ねるごとにスキンケアの内容にも変化を加えなければなりません。

例えば肌の潤いが少なくなってきたら、肌への潤いを保つために、保湿成分が多く含まれているスキンケア商品を使うだけでも、乾燥肌などの症状を抑えることができます。さらに今まで使っていた化粧品が、バリア機能の衰えによって使えなくなり、肌荒れや赤みが出ることがあります。そうした症状が出たときは、無理して今まで使って商品を使わずに、より刺激が少ない化粧品を使うようにしましょう。

肌の健康は様々な条件で変化しますが、年齢による劣化を食い止めるのは非常に困難です。運動療法や食事療法である程度の改善は望めますが、それでも若いうちにダメージを受けた場合は、年齢を重ねるごとにどんどんしみやシワが増えていきます。少しでも綺麗な肌を保つためにも、若いうちから肌年齢を保つためのスキンケアを行いましょう。

肌を若返らせるスキンケアは無いの?

そもそも肌の老化は、肌機能の衰えが主な原因とされていますが、これは皮膚に存在する肌細胞の減少によって引き起こされます。

たとえば、肌細胞の数が十分であれば、肌のターンオーバーも早く進み、顔にシミやシワを発生させるスキを与えません。ところが、肌細胞は加齢とともに減少するため、肌のターンオーバーも徐々に鈍化していくのです。肌の再生が行われなくなれば、顔のシミやシワは増え続けてしまいます。

外科手術で整形をすることで、シワやシミを一時的に除去することも可能ですが、肌細胞が減少したままでは健康的な肌を保つことは難しいでしょう。そこで昨今は「肌細胞を再生させる」ことを目的とした「肌の再生医療」という分野の研究開発が進められています。これは、その名の通り肌の細胞を培養して増やし、再び皮膚に埋め込むという画期的な美容技術です。根本的な部分からスキンケアが行えるという理由で、幅広い年齢層から支持を集めています。

この再生医療については、詳しくは以下を参考にしてください。現在の再生医療は、一般的な医療機関でこそ行えませんが、再生医療専用のクリニックは全国に数多く存在します。

肌の再生医療とは | 肌の再生医療専門院RDクリニック

敏感肌ってどんな肌?

敏感肌とはどんな状態か

肌の異常が現れたときは、症状の現れ方などから、肌の状態を把握する必要があります。
洗剤や化粧品などを使った際、肌が荒れたり赤みが出たりしたりと、普段よりも激しい反応が出たときは、いわゆる敏感肌と呼ばれる状態になっていると考えられます。
敏感肌になると、少しの刺激で強いかゆみや痛みを感じるようになり、布がすれたり、髪の毛が付いたりするだけでも、かゆみなどの症状に苦しめられるようになります。
敏感肌になって、かゆみや痛みを感じやすくなるのは、肌のバリア機能が深く関係しています。

肌のバリア機能とは、外部からの刺激を防ぎ、皮膚からの異物混入を防ぐ皮膚の機能の一つなのですが、これが何らかの原因で弱まると、敏感肌に発展します。
化粧品や洗剤といった、本来ならバリア機能で防ぐことが出来る弱い刺激でも、激しい刺激を感じるようになるので、日常生活を変わらず過ごせるようになるためにも、早めに治療しましょう。

敏感肌の原因とは

敏感肌の原因は、肌のバリア機能が弱まったことにあります。
バリア機能は様々な要因で衰えるので、敏感肌の治療の際は、バリア機能を弱める原因を特定して取り除く必要があります。
まずバリア機能を弱める原因の一つに、アレルギー体質があります。花粉症や食物アレルギーなど、アレルギー反応を出す要員は人それぞれで異なるので、急に敏感肌になるなどの、アレルギー反応が出たときは、皮膚科などで検診を受けたほうがよいかもしれません。

加齢による肌機能の低下も敏感肌に大きく関係しています。
皮膚のバリア機能は若いうちは強く働くのですが、加齢によって身体全体の機能が衰えると、バリア機能も自然と衰えてしまいます。
バリア機能の低下を抑えるためには、ビタミンAをはじめ、肌のターンオーバーに関係する栄養を多く摂取したり、適度な運動を行うのが効果的とされています。

敏感肌のスキンケア

敏感肌の治療や予防には、毎日のスキンケアが重要な意味を持ちます。
敏感肌になったときのスキンケアは、低刺激のスキンケア商品を使う必要があり、肌への刺激を最小限に抑えつつ、肌に必要な栄養を補給して、肌のバリア機能を回復させることが出来ます。
また敏感肌の原因の一つに、肌との相性が合わない、強い刺激を与える化粧品があるので、普段使わない化粧品を使って、敏感肌の症状が現れた際は、同じ化粧品は使わないようにして、別の低刺激の化粧品を使うようにしましょう。

敏感肌中のスキンケアは、ある程度の機能回復が期待できますが、激しいかゆみが続いたり、皮膚がぼろぼろになるような強い反応が出たときは、セルフケアだけでは対処できません。
専門の医療機関で一度詳しい検査を受けて、医薬品を用いた治療を行ってください。

混合肌ってどんな肌?

混合肌の見分け方

肌に関するトラブルは色々ありますが、その一つに混合肌という症状があります。
混合肌とは、複数の肌トラブルが同時に起きた状態で、部位によってまったく違う症状が現れます。

例えば鼻が脂でてかっているのに、ほほ周辺は乾燥していたり、洗顔したあとに、一部だけ突っ張る感覚がしたりと、他にも色々な形で症状が現れ、部位ごとに違うケアが求められます。
肌トラブルを持つ方の多くは、混合肌が起きている方で、顔全体に乾燥肌や脂性肌が出ることはそれほど多くはありません。

混合肌の症状は、部位ごとによって異なりますが、症状が現れている部位以外は、それほど悪い状態ではありません。
むしろ健康な部位のほうが広く、症状が出ているのが一部という方がほとんどなので、スキンケアも症状が出ている一部だけに行うだけでOKです。

肌トラブルの種類を確認

混合肌の顔トラブルを回避するためには、肌トラブルの種類をしっかり把握することが大切です。
混合肌は乾燥肌や脂性肌が一部に起きることが多く、その症状もそれほど重くは無いことがほとんどなので、まずは冷静に症状を確認しましょう。
脂性肌の場合は、主に鼻やおでこといったTゾーンに現れることが多いので、肌の様子を確認して、それらの部位が脂っぽくなっていないかどうか確認してみてください。

乾燥肌は皮脂が分泌されにくい場所に現れます。
具体的にはほほやあごといった部位に発症することが多く、乾燥肌になると、皮膚がかさかさになって、かゆみや痛みを感じるようになります。

肌トラブルの種類を間違えると、最適な治療を行えるどころか、かえって症状を悪化させることもあります。
もちろん肌の健康のためには、症状にあわせたケアが必要となるので、肌の状態を欠かさずにチェックしても、的確なケアで綺麗な肌を作りましょう。

症状ごとの対策を考える

混合肌と呼ばれる肌の症状は、基本的には症状の軽い肌の変化が、一部の部位に発症していることが多いので、その部位にあわせた対策を考えておくことで、いざ発症したときにも冷静に対処できるよう、症状ごとの対策を考えておきましょう。
混合肌で多く見られるのが、Tゾーンに現れる皮脂汚れです。

過剰な皮脂の分泌によって、Tゾーンが脂っぽくなるので、そうならないように、毎日きちんと、余計な皮脂を落とすための洗顔クリームなどを使って、より綺麗な肌を作ることが出来れば、肌全体の症状が改善され、バランスの良いカラーに変えることが出来ます。
もちろん脂性肌だけでなく、乾燥肌で症状が現れることも多く、その場合は脂性肌とは逆に、乾燥肌を起こした部位に、十分な水分を遅らせるための、専用のスキンケア商品が喜ばれます。

混合肌の症状は、はじめのうちは軽いものも多いので、中にはそれほど深刻に考えず、放置してしまう方も少なくありません。
ですが、放置した肌はどんどん症状が重くなり、外部からの刺激などで、怪我や病気にかかりやすくなったりと、少しも良い栄養を生みません。
常に健康な肌を維持するためにも、まずは混合肌の状態を確認して、最も適切なケアが何かチェックしましょう。