年代別!スキンケアのポイント

スキンケアと年齢の関係

肌の状態は年齢とともに変化していきます。

若いうちはターンオーバーも早く進むため、肌へのダメージもすぐに回復することが出来ますが、年齢を重ねるごとに肌の機能は衰えていき、肌のダメージも中々回復できなくなっていきます。さらに肌の潤いも年齢によってどんどん失われていき、乾燥肌や敏感肌にもなりやすくなるので、スキンケアもそのことを考慮して、潤いの保持とダメージ軽減を考慮する必要があります。

逆に若いうちに出る肌の悩みも多く、にきびが出来やすかったり、皮脂がより多く分泌されたりと、そのままにしておくと肌の美しさを保て無くなってしまいます。そのため若いころは若いころにあわせたスキンケアが必要になるので、まだスキンケアの必要はないとお考えの方も、必ず今のうちにしておくべきスキンケアについて学びましょう。

若いうちもスキンケアは必要?

10代や20代までの若い年代なら、スキンケアもそれほど必要ないだろうとお考えの方もいる方もいるかと思いますが、実際には若いうちもスキンケアは欠かすべきではありません。若いうちは肌の代謝機能が活発で、本来必要無い分の皮脂を分泌することがあり、毛穴の雑菌が増えてにきびなどを作ります。にきび予防のためには、余計な皮脂を取り除くために洗顔を行ったり、洗顔後の皮脂の分泌を抑えるために、化粧水などで皮膚の保護を行うといったスキンケアが必要です。

また、若いうちのスキンケアは、年齢を重ねた後の肌の老化にも大きく影響します。とりわけ、肌へのダメージはすぐに現れるものと、徐々に蓄積していくものの2種類ががあり、例えば、紫外線のダメージなどは、しばらく蓄積されてから、しみやシワとなって現れていきます。そのため、若いうちに直射日光を長時間浴びていた方は、40代や50代ごろの年代にしみやしわが目立つようになるのです。今は若いからと油断をすることなく、日常的に肌へのダメージを防ぐようにしてください。

紫外線がもたらす肌への影響 / SK-IIスキンケア

肌年齢を保つためのスキンケア

人間の肌は年齢を重ねるごとに少しずつ劣化していくので、年齢を重ねるごとにスキンケアの内容にも変化を加えなければなりません。

例えば肌の潤いが少なくなってきたら、肌への潤いを保つために、保湿成分が多く含まれているスキンケア商品を使うだけでも、乾燥肌などの症状を抑えることができます。さらに今まで使っていた化粧品が、バリア機能の衰えによって使えなくなり、肌荒れや赤みが出ることがあります。そうした症状が出たときは、無理して今まで使って商品を使わずに、より刺激が少ない化粧品を使うようにしましょう。

肌の健康は様々な条件で変化しますが、年齢による劣化を食い止めるのは非常に困難です。運動療法や食事療法である程度の改善は望めますが、それでも若いうちにダメージを受けた場合は、年齢を重ねるごとにどんどんしみやシワが増えていきます。少しでも綺麗な肌を保つためにも、若いうちから肌年齢を保つためのスキンケアを行いましょう。

肌を若返らせるスキンケアは無いの?

そもそも肌の老化は、肌機能の衰えが主な原因とされていますが、これは皮膚に存在する肌細胞の減少によって引き起こされます。

たとえば、肌細胞の数が十分であれば、肌のターンオーバーも早く進み、顔にシミやシワを発生させるスキを与えません。ところが、肌細胞は加齢とともに減少するため、肌のターンオーバーも徐々に鈍化していくのです。肌の再生が行われなくなれば、顔のシミやシワは増え続けてしまいます。

外科手術で整形をすることで、シワやシミを一時的に除去することも可能ですが、肌細胞が減少したままでは健康的な肌を保つことは難しいでしょう。そこで昨今は「肌細胞を再生させる」ことを目的とした「肌の再生医療」という分野の研究開発が進められています。これは、その名の通り肌の細胞を培養して増やし、再び皮膚に埋め込むという画期的な美容技術です。根本的な部分からスキンケアが行えるという理由で、幅広い年齢層から支持を集めています。

この再生医療については、詳しくは以下を参考にしてください。現在の再生医療は、一般的な医療機関でこそ行えませんが、再生医療専用のクリニックは全国に数多く存在します。

肌の再生医療とは | 肌の再生医療専門院RDクリニック

スキンケアの豆知識カテゴリーの記事